大塚グループ「後継難」の苦悩

明彦会長が長男タナ上げで苦渋の選択。自身の健康と稼ぎ頭の特許切れで瀬戸際。

2014年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「ポカリスエット」や「チオビタドリンク」で知られる大塚グループは、発祥の地、徳島県鳴門に本妻を、東京には別宅を構え、鳴門に4人、東京に2人の妾腹の子を儲けるなど昭和の艶福家「大旦那」の匂いを濃厚に残した大塚正士が、創業二代目ながら実質創業者として巨大な企業群に育て上げた。「うるさい株主がいると冒険できない」と上場に否定的だった正士が83歳で没してから10年余の10年12月15日、グループの持株会社「大塚ホールディングス(HD)」が東京証券取引所第一部で株式を公開した。国内製薬企業では、武田薬品工業、アステラス製薬、第一三共に次いでおよそ1兆2千億円の堂々たる時価総額となった。株式公開からおよそ3年半、未だに同族経営色が強く残る同グループだが、大きな曲がり角を迎えようとしている。

長男一郎の実力いま一つ

5月14日、大塚HDの人事が発表された。大塚グループの有力後継者の一人、大塚一 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。