ヤフーが履歴統合「後出しジャンケン」

ビッグデータ争奪で、寝耳に水の「だまし討ち」にユーザーは怒るが、個人情報保護法の骨抜きに邁進。

2014年7月号 BUSINESS [サイバー戦争の「臨界」]

  • はてなブックマークに追加

ビッグデータこそ「宝の山」と目の色を変えたネット業者たちが、ユーザーそっちのけで分捕り合戦に励んでいる。6月2日、ヤフー・ジャパンはプライバシーポリシーをいきなり変更、提携しているTポイントのCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)との間で、ユーザーのショッピング履歴などの共有・統合に踏み切った。これがネット上で「だまし討ち」とプチ炎上してしまった。ヤフーとCCCは2012年にID(会員番号)の統合を発表、13年に統合を開始してヤフー利用者にT−IDの登録を促したが、その時点ではユーザーの反発を恐れて、共有するのはTポイントの残額、使用額などに限るとしていた。「現時点では(、、、、、)履歴統合は計画していない」と明言していたのに裏切られ、ユーザーが切れたのだ。「最初から履歴統合を狙っていて、まずID統合で釣り、登録したら後出しジャンケンで履歴を統合した」な ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。