詐欺まがい「ライツ・オファリング」

小僧寿し、Jトラスト、クレア、SOL、T&C、リアルコム……。無法地帯同然の錬金術。

2014年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「ライツ・オファリング」がおかしなことになっている。全株主に新株予約権を無償で割り当て、期間内に行使してもらうことで増資を行う資金調達手法だが、日本では一昨年秋から本格的に普及し始めた。当初は不公正ファイナンスを封じる切り札とされたものの、その実態はかつてのMSCB(下方修正条項付転換社債)にも似た不振企業の錬金術と化しつつある。直近で注目されているのは小僧寿しのケースだ。新株予約権の行使期間は5月22日までで、最大約22億円の調達を目論んでいる。同社はその昔、外食産業のリーディング企業で、今も高い知名度を誇るが、目下、業績はボロボロ。4期連続の最終赤字で、2013年12月期はその額が約17億円にまで膨らんだ。りそな銀行からの借入金は財務制限条項に抵触し、資金調達環境は八方塞がりだ。しかも近年は経営権の交代が目まぐるしい。外食大手すかいらーくグループから ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。