新潟大ローが新幹線に負け撤退

東京に学生を奪われ、法学部も定員割れ。ロースクールと弁護士はともに沈む泥船の上。

2014年6月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

国立新潟大学法科大学院の2015年度入学生の募集停止(3月17日発表)と、法学部の定員割れによる初の二次募集(3月28日)が波紋を呼んでいる。法科大学院制度発足から丸10年。撤退を表明した法科大学院(ロー)は新潟を含めて16校(5月上旬現在)に上る。だが、新潟ローが他と違うのは、司法試験合格率が極端に悪いわけではないということ。13年度の最終合格者数は10人、合格率19.0%(全国平均は26.8%)で「中の下」クラスだ。だが、定員35人に12・13年はわずか5人ずつの入学者。とうとう今年は1人となってしまった。新潟市は人口80万を抱える大都市だが、なぜなのか。新潟ロー関係者の口は一様に重い。だが、みな「上越新幹線に負けた」と言う。最速1時間37分、東京の有力ローに学生をとられたというのだ。確かに、都市部の有力ローと地方・私立ロー合格率の二極分化は強まる一方だ。新潟ローのある教 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。