平井ソニーが「出井」を復活させた理由

2014年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

長期低迷に陥っているソニーにとって、51歳という若き平井一夫社長の誕生は、何か“変化”を予感させるに十分だった。「現場からソニーを立て直す」就任当時、こう宣言した平井は研究開発の拠点、つまり「イノベーションのソニー」の心臓とも言える厚木テクノロジーセンター(神奈川県厚木市)を中心に、テレビや半導体の製造現場などを訪ねては、技術者たちと会話を重ねた。だが、実際に平井体制で行ったことは“遺産の切り売り”でしかなかった。米国の本社ビルに始まり、テレビ事業が入る東京・大崎のビル、品川の旧本社ビルも手放し、加えて一世を風靡したVAIOブランドのパソコン事業からの撤退も余儀なくされた。しかし、社長就任から3年目。平井はある決断をしたようだ。イノベーションのソニーという金看板を降ろす決断を。「エレキ(エレクトロニクス)だけがソニーじゃない」と話す平井はこうも漏 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。