命が惜しけりゃLCCに乗るな!

ピーチはあわや、ミニスカのスカイマークは経営不振。「空の価格破壊」は曲がり角。

2014年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

関西国際空港を拠点とする格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが機長不足を理由に大幅に戦線を縮小する。5月19日から10月25日にかけて約2千便を減便する。計画便数の16%に相当する規模で、すでに予約している2万6175人に別便への振り替えを求めたり、運賃の払い戻しに応じることになる。前代未聞の事態だ。ピーチの保有機材は12機。これを7月にかけて2機増やし、増便により夏場の需要を取り込む計画だった。国内外へ飛ばしまくるには62人の機長が必要だが、現在の在籍は52人。10人を中途採用することにしたが、これが集まらない。おまけに病気やけが人が続出し、8人が乗務できなくなったため、やむなく減便することになった。4月24日、緊急記者会見に臨んだ最高経営責任者(CEO)の井上慎一は「乗員の健康管理を含めて、慎重に事業計画を進めていきたい」と殊勝な態度だったが、世間の受け止 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。