アベノミクスの「裏メニュー」

仕掛け人は「人口急減社会」の危機を訴える増田寛也・元総務相。2040年には523もの市町村が消滅する!

2014年6月号 POLITICS [「人口急減対策」の司令塔]

  • はてなブックマークに追加

5月8日、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京。前岩手県知事で東大客員教授の増田寛也らが記者会見で、「人口急減社会」への危機感を訴えていた。「合計特殊出生率が多少回復しても、出産を担う20~30歳代の女性人口が今後ガクンと減れば、子どもの数は減る一方になる」「若者が地方から東京圏に一極集中する人口移動が続けば、2040年に523もの市町村が消滅してしまう可能性が高い」増田と同席した慶大教授の樋口美雄らが公表した全国1800自治体の2040年の将来推計人口は衝撃的だった。国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の推計をベースに、雇用のない地方から流出する若者を東京圏がブラックホールのように飲み込み続けると仮定すると、どうなるか――。核心は出産の95%を占める20歳~39歳の女性人口が5割以下に急減する自治体が、全体の49.8%、896にも上ることだ。

「骨太」反映に隠れた仕掛け

若年女性がこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。