レアアース「脱中国」頓挫、往生際悪い経産省

2014年6月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

経済産業省が石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)を通じて約200億円を出融資した豪ライナスは、4月30日に四半期報告書を発表。3月末時点の現金および等価物の残高はわずか2340万豪ドル(約22億円)と、資金ショートが時間の問題になった。ライナスは、中国以外では世界有数のレアアース埋蔵量を持つマウントウェルド鉱山の開発会社で、JOGMECの出融資は経産省主導の国策ファイナンスである。2010年に中国がレアアースの対日輸出を一時停止したのを機に、中国以外のレアアース権益確保に540億円の予算を計上。うち約200億円をライナスに投じ、レアアースの安定調達を目指していた。ところが、レアアース相場の低迷やマレーシアに建設した精錬所の稼働遅延が祟り、ライナスは赤字を垂れ流すばかり。同社が破綻すれば、鉱山の操業が止まり、中国以外の調達先確保という経産省の目論見が水泡に帰す可 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。