シュレーダーとプーチン「熊の抱擁」

「特別な友情」関係のドイツ前首相は、ウクライナ危機でもロシアを弁護、批判浴びる。

2014年6月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

4月28日夕刻。サンクトペテルブルクのユスポフ宮殿の前で、2人の男が抱き合った。ドイツのゲアハルト・シュレーダー前首相と、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領である。シュレーダーはプーチンに頬を寄せ、満面に笑みをたたえて喜びを表した。シュレーダーが4月に70歳になったことを祝うパーティーに、現職の大統領が駆けつけたのだ。ウクライナ危機への対応に忙殺されるプーチンは、なぜモスクワから約600キロも離れたサンクトペテルブルクへ飛び、シュレーダーの誕生の宴に参加したのか。背景を知るには、9年前までさかのぼる必要がある。2005年に首相を辞任したシュレーダーは、ロシアの国営企業ガスプロムの社長から、「独ロを結ぶ天然ガスパイプライン『ノルトストリーム』の運営会社の株主委員長になってほしい」という依頼を受けた。ガスプロムは、スイスの租税回避地ツークに本社があるノ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。