大気汚染で中国「激安車」凋落

大都市の新車制限でナンバー取得費が高騰。ブランド志向の富裕層に見限られた。

2014年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

中国の自動車販売が好調だ。2013年の新車販売台数(乗用車と商用車の合計)は前年比13.9%増の2198万台と、2千万台の大台を初めて突破。中国経済の減速が伝えられるなかでも個人のマイカー需要は旺盛だ。今年1~3月の乗用車の販売台数は前年同期比10.1%増え、経済成長率(同7.4%)を上回った。ところが、販売の最前線では意外な変化が起きている。市場全体の成長とは裏腹に、中国メーカーの「独自ブランド車」の売れ行きが失速しているのだ。1~3月の独自ブランド乗用車の販売台数は188万5千台と、前年同期比1.5%減少。市場シェアは38.7%と同4.5%も低下した。ドイツ車や日本車の販売が前年比二ケタで伸びるなか、中国車は一人負けの様相を呈している。

上海ナンバーは122万円

失速の背景には、独自ブランド車に対する消費者のイメージの低さがある。中国車と言えば、7~8年前までは日本車などの外観をそっくり真似た「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。