うそ寒い「オバマ訪日」

オバマ大統領の来日にミシェル夫人は同伴しない。ほとんど同盟国の体面を取り繕うための顔見世興行に近い。

2014年5月号 POLITICS [孤立化する「安倍外交」]

  • はてなブックマークに追加

オバマ米大統領の来日(4月23~25日)に、ミシェル夫人は付いて来ない。国家元首間の公式招待である外交上最高ランクの国賓で、儀礼に不可欠な配偶者を同伴しないのは異例だ。ミシェル夫人は3月、習近平国家主席夫人の招きに応じ、娘2人や母親と中国に1週間も滞在したばかり。今回は「娘たちの学校がある」とはいえ、日本への冷ややかな態度が意図したエスケープであることは間違いない。ずばり、ミシェル夫人は安倍晋三首相が嫌なのだ。それも感情的にではなく、「愛国者とは異質の排他的ナショナリスト」として政治的に忌避し、オバマ氏も暗にそれに同調している。大統領本人が実質2日の日程で、国賓とは名ばかりの駆け足訪問である。日本側が箔付けのため国賓待遇にこだわったのは、無残な裏目に出た。会談後いくら毎度おなじみの「同盟強化」をうたっても、実際は現下のよそよそしい日米外交を象徴 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。