パナ「連結10兆円構想」はどっちらけ

頓挫した過去2回の「10兆円計画」より根拠薄弱。津賀社長の「進軍ラッパ」にもう嫌だ!

2014年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

3月27日、パナソニックが事業方針を発表した。重点分野の住宅や自動車事業に加え、法人向け提案ビジネスを強化して、創業100周年を迎える2019年3月期に連結売上高10兆円を目指すという。「またですか」と中堅幹部は呆れ顔だ。住宅と自動車分野のテコ入れは、社長の津賀一宏が常
々、口にするセリフだが、パナは過去に2度、売上高10兆円をぶち上げ、いずれも挫折した経緯がある。新味がないため株式市場もほとんど反応しなかった。経営陣の威勢のいいラッパとは裏腹に、パナの社内は厭戦気分が増している。13年3月期まで2期連続で7500億円を超える最終赤字を計上。赤字が膨れ上がったのは本業不振に加え、構造改革費用を積み上げたからだが、リストラが終わったわけではない。14年3月期にはプラズマテレビ事業から撤退した。兵庫県尼崎市にあった工場は不動産投資顧問会社に売却し、同社のデジタル家電事 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。