対ロ制裁に浮足立つマネー

NY連銀から10兆円が引き出された。凍結を恐れた不測の動き。限定制裁の対象だけにとどまらない。

2014年5月号 GLOBAL [特集 ウクライナ東部危機]

  • はてなブックマークに追加

ロシアがウクライナに対して強める圧力に、米欧メディアは批判の声を高めている。ウラジーミル・プーチン大統領はお手盛りの住民投票でクリミアを手中に収めたのに続いて、ルハンツク、ドネツクなどロシア系住民の多いウクライナ東部の都市で次々と「独立宣言」が出るよう分離工作を進めているかに見えるからだ。4月の第1週にせっかく上向いたかにみえた米国株は、2週目から売り込まれた。ハイテクやバイオ株を中心に飛ばし過ぎたナスダックが本格調整に入ったばかりではない。クリミア割譲でいったんは忘れたふりをしていたウクライナ問題が、東部の傀儡政権樹立の動きで、再びキナ臭さを増してきた。ロシア対米欧の「新たな冷戦」に市場が身構えだしたのだ。プーチン大統領を悪者にして済むなら世話はない。もともとは昨年秋にシリアへの軍事介入で二進も三進も行かなくなったバラク・オバマ政権が、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。