実録・ソニー「追い出し部屋」⑧非情な「退職」迫る上司も「早期退職」

3割削減を打ち出した会社側は、翌日から個別面談を始めた。「俺も困っているんだよね」と、担当部長はため息をついた。

2014年5月号 BUSINESS [短期連載⑧]

  • はてなブックマークに追加

夕方、ソニーの車載機器事業部を飛び出したまま、田中栄一は深夜になっても戻ってこなかった。「エイイチさん、また親父さんに捕まったんじゃないの」「うん、こりゃあ、店に拉致されてるな。みんな彼を待っていることはないよ。帰ろ、帰ろ」同僚はそんな雑談を交わして帰宅してしまった。田中は未明どころか、朝方、ニコニコ顔で会社に戻ってくるのだ。休日の前日には取引先で夜通し飲み、そのまま泊まってしまうこともあった。――本人も内心、楽しんでいるんだ。三年後輩の岩出勝彦はそう考えていた。

ソニーの栄光「XESシリーズ」

ソニーは1996年、最高級カーオーディオシステム「XESシリーズ」を開発していた。会長に就いていた大賀典雄の肝いりでソニーの各事業部門はそれぞれ会社創立50周年モデルを売り出すことになっており、車載機器事業部門のモデルは、基本システムだけで税抜価格が127万円もするXESシリーズだった。車に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。