ショボクレ上場で後藤西武窮地

悲願の東証復帰も、サーベラスが株式放出を撤回して思惑外れ。売り殺到で「出口なし」か。

2014年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

それ見たことか。4月23日に東京証券取引所に再上場する予定の西武ホールディングスは14日、売出価格を1株1600円と発表した。総帥、堤義明が「名義株」の有価証券報告書虚偽記載で辞任(その後証券取引法違反で起訴され有罪判決が確定)、上場廃止となった04年12月16日以来、約9年5カ月かけて、やっと晴れのカムバックの日を迎えるにしては、屈辱的な数字である。3月に東証の上場承認を得て西武が発表した放出株は、発行済み株式数3億4200万株のうちの23.6%、目論見書で提示した適正価格(想定発行価格)は1株2300円。金融機関など市場関係者が目を剝いた。「時価総額に換算すれば7870億円で、私鉄最大の東急(東京急行電鉄)の7500億円を上回るなんてありえない。昨年のサーベラスのTOB(株式公開買付)価格が1400円、それから1年で900円も高くなるはずがない。そんなバカ高値で西武株を買う投資家がい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。