力量なき成り上がりの「割烹着」

2014年5月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

天国と地獄――ピンクやイエローの研究室に割烹着の「リケジョ」が、凝った演出でまんまとマスメディアの寵児に祀り上げられたが、かえって「売らんかな」報道の餌食となって袋叩きにされ、理研の調査で「不正研究」の烙印を押されると、反論会見で涙を見せた。嘘も百回繰り返せば真実になる。ナチス宣伝相ゲッベルスの“名言”だが、実験写真の切り張りなど未熟以前のお粗末さだった。「万能細胞」への生煮えの知識や幻想を隠れ蓑にすれば、簡単に世の中を翻弄できるとは情けない。研究現場のコピペや改竄、科研費不正はおそらく氷山の一角で、米国の研究公正局(ORI)のような検非違使がいれば、「実力なき成り上がり」の蔓延が明るみに出るのではないか。正直の美徳は廃れたらしい。マキャヴェッリは「私人が成り上がるにはfortunaかvirtuが前提」と言った。前者は「運」だが、後者を「徳」と訳すのは座 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。