石油資本窮地で「供給難」

生産コスト膨張で利益が急減。投資絞り込みで将来の供給が細れば、これから世界経済の波乱要因に。

2014年5月号 BUSINESS [チープオイルの終焉]

  • はてなブックマークに追加

オイルメジャー(国際石油資本)の様子がどうもおかしい。ここ3年、原油相場は1バレル=100ドル超の水準で高止まりしているのに、利益が急減しているのだ。2013年10~12月期の4大メジャーの純利益を見ると、最大手のエクソンモービルは83億5千万ドル(約8500億円)と前年同期比16%減少。欧州最大のロイヤル・ダッチ・シェルは21億5千万ドル(約2200億円)と同71%も落ち込み、四半期では09年以降の最低を記録した。シェブロンは49億ドル(約5千億円)で同32%減、BPは10億4200万ドル(約1060億円)で同30%減と、軒並み大幅にダウンしている。同期の石油と天然ガスの合計生産量(石油換算)は、エクソンが前年同期比1.8%、シェルが4.8%、シェブロンが3.4%それぞれ減少したが、利益の落ち込み幅よりはずっと小さい。BPの生産量は逆に3.7%増加した。

生産コストが10年で3倍に

原油相場(販売単価)が高止まりし、生産量もさ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。