オバマ中東政策は「空中分解」寸前

シリア、アフガン、イランで米ロ協力がストップ。プーチンの攻勢に耐えられるか。

2014年5月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

3月18日、ロシアがウクライナ南部クリミアの併合を決定すると、ベルリンの壁崩壊以来の「ポスト冷戦」の構造が根底から揺らいだ。米欧日はそれぞれ独自の対ロ制裁を発動し、同24日にはオランダのハーグで開かれた先進主要7カ国(G7)首脳会議で、G8の枠組みからのロシア除外が決まった。今後さらにウクライナの領土的一体性が損なわれ、ロシアが領土を拡張する行動に出れば、西側諸国のさらなる経済制裁の強化で、世界経済に深刻な負のインパクトを与えることが懸念される。その衝撃は世界のさまざまな地域に波及し始めており、国際安全保障情勢に深刻な影響を与える可能性がある。その筆頭が中東だろう。一段と複雑さを増してきた。

化学兵器廃棄は後退

4月1日、ブリュッセルで記者会見した北大西洋条約機構(NATO)のアナス・フォー・ラスムセン事務総長は、NATOが「ロシアとのあらゆる実務的及び軍事的な協力を取りや ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。