「小保方」バトルは学問から逸脱

本人も理研もマスコミも筋違い。公開討論や再現実験こそ本筋、とタカハシ教授が批判する。

2014年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

STAP細胞論文の不正疑惑が、生物学に何の縁もない野次馬たちのオモチャにされている。1月29日に理化学研究所(理研)の小保方晴子ユニットリーダーが発表したSTAP細胞は衝撃的だったが、その後、ネットなどで問題点の指摘を受けると、理研が乗り出してきた。理研は調査委員会を設置して、小保方氏らの論文について研究不正があったかどうかを調べた。その結果、4月1日、論文中の画像の切り張りと画像取り替えについて小保方氏に「研究不正があった」と結論づけた。これに対し9日、小保方氏が記者会見して、不正はなく単純ミスだったと反論した。2時間半に及ぶ会見で、小保方氏はSTAP細胞の作製に200回以上成功していると主張したが、「新たな証拠は示されず、疑惑が残った」との報道ぶりだった。この一連の騒動を見て、筆者は学問・科学の流儀から脱線してきていると感じている。

不関与原則破った理研

学問の流儀では、誰 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。