お色気売って何が悪いと「ミニスカ制服」

2014年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

航空業界の風雲児、スカイマークの西久保慎一社長(58)が打ち出した膝上15センチの「ミニスカ制服」が物議を醸している。「下品でセクハラを誘発する」「保安業務に支障がある」など、業界からはそんな調子で袋だたきに遭ったが、それでも西久保氏が引っ込める気配はない。確信犯的な“お色気路線”の裏側には、航空業界で置かれた苦しい境遇があるからだ。ミニスカ制服の採用は、同社が5月末から日本の航空会社として初導入するエアバス中型機A330に伴うサービスの一環。3月にほとんど破廉恥なミニスカがお披露目された際、居並ぶキャビンアテンダント(CA)を背に西久保氏は「若々しさや元気さを出したかった。無理に着せることはなく、希望するCAを選んでいる」と説明、問題ないとの認識を示した。業界から批判が吹き荒れる中、同社は4月1日に就航した国内路線で、1日限定でミニスカ制服を着用させ、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。