TSUTAYAの「正体」

増田社長の「懐刀」と、日本最大手アダルト業者の深い関わりをひた隠し。「濁」と「浄」の不思議な昇華装置だが。

2014年5月号 COVER STORY [代官山イリュージョン]

  • はてなブックマークに追加

「文化」とは「文」の「お化け」か、と太宰治は悪態をついた。そのひそみに倣えば、DVD、CD、書籍などのレンタル・販売店「TSUTAYA」で知られるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の「カルチュア」も、大化けの類だろうか。CCCには二つの顔がある。まず「表の顔」。「世界一の企画会社をめざす」という増田宗昭社長は2011年12月、東京のファッション最先端、代官山の1万2千平方メートルの広大な敷地(旧水戸徳川家保有地)に3棟の「蔦屋書店」などをオープン、「森の中の図書館」「本屋が創る街」を出現させた。カフェと書棚をゆったりと融合させ、実用書や自己啓発本、参考書や漫画など「書棚を汚す駄本」を追放し、懐かしい「平凡パンチ」などヴィンテージ物の雑誌が揃っている。

いまや会員は4600万人

団塊世代を含む50~70代の「プレミアムエイジ」にはたまらないハイセンスなライフスタイル空間で、文化人から ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。