モサド終身刑スパイに釈放圧力

米国の中東政策が筒抜け。被害はスノーデン以上だが、獄中28年余で「年季明け」近し。

2014年4月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

米国ノースカロライナ州バトナーの刑務所で毎朝、看守が終身刑の囚人棟09185016番の独房の鍵を開け、郵便物を渡している。彼ほど多くの郵便物を受け取る囚人はほかにいない。そのほとんどは、イスラエルや全米各地のユダヤ人団体から送られたものである。囚人名はジョナサン・ジェイ・ポラード。獄中28年余の彼の頭は禿げた額に長い髪と、白髪交じりの髭に覆われ、囚人服こそ着ているが聖書の預言者を思わせる。独房にはユダヤ教の宗教書や安息日に着る祈祷用ショール(タッリート)があり、まるでラビ(ユダヤ教指導者)の部屋のようだ。米国生まれのユダヤ人ポラードは1984年11月、メリーランド州スートランドにある海軍の極秘施設「対テロセンター」の主席分析官だったが、実はイスラエルの諜報機関モサドのもっとも有能なスパイだった。拘束されるまでの11カ月に米国の機密情報をごっそり盗み、110 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。