「STAP細胞」絶体絶命で山中教授はニンマリ?

2014年4月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

新たな万能細胞「STAP細胞」。一時は本家iPS細胞に取って代わる勢いを見せたものの、捏造疑惑が浮上し絶体絶命の危機に陥った。iPS細胞の開発者、山中伸弥京都大教授はひそかに胸をなで下ろしているようだ。かつて資金集めに苦労した山中教授の研究所は、いま年数十億円を手にしている。教授が2012年にノーベル賞を受賞した際、人気にあやかろうとした政府が、10年間で1千億円規模の巨額のカネをiPS細胞研究に投じると決めたためだ。受精卵から作るES細胞など、再生医療に使えるほかの技術にほとんどカネを出さず、ごく一部の病気の治療を除けば実用化できるか未知数のiPS細胞を偏重する政府のやり方は、世界の中では異例。だが、是非を議論できない空気が研究者の世界を支配しており、山中教授もそれを積極的に正そうとはしなかった。そんな姿勢に対し、幹細胞の代表的な研究者だった西川伸一氏が2月、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。