いわくつき朝鮮総聯ビル「競売入札」の暗黒

2014年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

いぶかしい入札劇が続いた。在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)中央本部の入る朝鮮中央会館をめぐる競売入札案件だ。 東京都千代田区富士見町2丁目14番地。靖国神社にほど近い一等地に朝鮮中央会館が完成したのは1986(昭和61)年9月のこと。2390㎡の敷地に、地上10階、地下2階の堅牢なビルがそびえ立つ。朝鮮総聯中央本部は北朝鮮の在日本大使館の役目を果たしてきた。土地・建物は朝鮮総聯の財産管理を担った関東興業(株)が所有していた。朝銀東京信用組合が破綻した前年の98年9月、朝鮮中央会館管理会に所有権が移転された。移転登記が資産を隠す仮装売買ではと疑われ、「金庫番」康永官朝鮮総聯財政局長の獄死にもつながった。90年代後半、朝銀信用組合の破綻処理に公的資金1兆円以上が投入された後、債務628億円が残った。債務を譲渡された整理回収機構は、朝鮮総聯に対して債務返済を求めて提訴 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。