「クールジャパン機構」やはりお手盛り投資

2014年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本文化を発信し、海外需要を獲得する呼び水として、経済産業省の旗振りで官民が出資、昨年11月に発足したクールジャパン機構(CJF、正式名称は「株式会社海外需要開拓支援機構」)が3月末にも投資案件の第一弾を決める。投資対象はマンガやアニメなどの輸出のほか、農産物や食品の輸出や伝統工芸のサポート、商業施設の海外展開など多角的で、日本文化や物産を海外に発信・販売する事業全般といっていい。アベノミクスの第三の矢として掲げられた目玉の一つであり、官民合わせて600億円も投じる。ところが、投資先の選定を目前に、CJF周辺から「太田伸之社長は自分の親密企業の関連先に投資しようとしており、利益誘導ではないか」との声が漏れ伝わってきているのだ。太田はもともとファッションブランドの「イッセイミヤケ」で社長を務めたり、百貨店の松屋で常務執行役員に就いたりしてきた人物。松 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。