「猪瀬立件」やはり特捜部腰砕け

「シナリオ捜査」の山上・森本コンビでは、公選法も収賄も在宅起訴すら怪しい雲行き。

2014年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

前東京都知事、猪瀬直樹の事件が急速に萎んでいる。東京地検特捜部は、捜査を長引かせず、年度内に仕上げるつもりだと目されていた。とすれば、20日間の勾留期限を考えれば、逮捕があるとすれば3月第1週がタイムリミットだとして、マスコミ各社は2月中、「猪瀬逮捕」に向けた準備をしていた。だが、捜査は一向に盛り上がらない。逮捕どころか在宅起訴も怪しい風向きになってきた。すでに、告発状を受理して捜査に着手しているので、何らかの結論は出さねばならず、不起訴処分もあるという。「特捜部が変わったのは承知していましたが、ここまでとは思わなかった。起訴のハードルがとてつもなく高く、『政治案件はやるな』と言っているのにひとしい。しかもその方針は、捜査の結果を踏まえるのではなく、官邸や法務省の意向が優先されている印象です」(司法記者)

“ブツ”と証言はあるが

猪瀬事件とは何だったのか。そもそも ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。