数式が予測「日米同盟終焉の必然」

中ロ韓を加えた5カ国では、10年後に中ロの軍事費が突出、アジア版NATOが必要に。

2014年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

世界はウクライナの政変に続くクリミア危機で大騒ぎだ。すわ、第三次世界大戦か、第二の冷戦かと喧(かまびす)しいが、日本の国益を考えると、クリミアで欧米とロシア間で揉めたあげく、結果としてロシアがクリミアを実効支配したほうがいい。ロシアの南下政策が極東に向かわなくて済むからである。高校の世界史の授業で、1853~56年のクリミア戦争を習った人も多いことだろう。ナイチンゲールが看護師として従軍したことでも有名だが、ロシア帝国とフランス、英国、オスマン帝国の同盟軍が戦った近代史上まれにみる大戦争だった。不凍港を求めたロシアの南下政策がもたらした戦争というのが定説だ。ロシアがクリミアを実効支配できずに、極東に出てきた結果が1904年の日露戦争になった。清が参戦できなかったのは日英同盟のおかげだ。世界規模で考えるとき、欧州で起きた出来事が、自国の国益にも及ぶ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。