中国Huaweiの「第五列」浸透

安全保障は国境「線」や領土、領海の「面」だけではない。通信、電力、水道などの「グリッド」も狙われている。

2014年4月号 COVER STORY [インフラ「有事」前夜]

  • はてなブックマークに追加

JR横浜駅の北東側、首都高速横羽線の金港ジャンクションを見おろすように、20階建てのオフィスビル「コンカード横浜」が聳え立つ。19階には中国通信機器大手、華為技術(Huawei、ファーウェイ・テクノロジーズ)の日本研究所が入っている。主に中国から派遣された数百人のエンジニアらが働いているが、彼らの動静は監視対象となっている。不思議なことに、入国した技術者の一部は、横浜の研究所に一度も顔を見せたことがない。彼らは何をしているのか。

大学を闊歩する「領収書不要の男」

5枚の名刺がある。開いた花びらのようなHuaweiのマーク。昨年7月、名古屋大学工学部のある研究室を訪ねた中国人技術者たちだ。一行を率いるのはHuaweiJapanのR&Dセンター本部長と整機工程部日本業務代表だが、残る3人は中国・深圳の本社から来た技術者だった。米国に照会をかけると、一人の名にアタリがあった。艾偉(アイウエイ)。「2012実験室 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。