橋下維新の首絞める「定数削減」

自画自賛の行革のシンボル「府議会定数削減」が、落ち目の維新を奈落に突き落とす。

2014年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「出直し大阪市長選」(3月9日告示、23日投開票)が幕を開けた。橋下徹前市長(44・大阪維新の会代表)に反発する各党が対抗馬を出さず、泡沫候補相手の「無風選挙」は盛り上がらない。一方、橋下の暴言に発した公明党との亀裂は深まり、肝心の大阪都構想の実現は遠ざかるばかりだ。統一地方選の深刻な不安材料も表面化。維新の前途には暗雲が垂れこめている。*「宗教の前に人の道がある」大阪都構想の行き詰まりを公明のせいにして痛罵した橋下発言に、激怒した公明は、維新を見限って「自公連携」へと走り、手厳しい反撃を開始した。手始めに自民・民主・共産の「出直し市長選つぶし」に加わり候補者擁立を見送ると、市長辞職届に同意せず自動失職まで2週間も橋下をたなざらし。市長選の予算も「否決」を主張したが、否決でも実施は変わらないと嫌々賛成。府議会の代表質問では、松井一郎府知事(維 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。