「人民元急落」米国黙認の裏

G20で「世界の成長目標2%」を謳った直後に、横紙破り中国が元売り介入の怪。米緩和縮小の露払いか。

2014年4月号 BUSINESS [シドニーの置き土産]

  • はてなブックマークに追加

これを、舌の根も乾かぬうち(in the same breath)というのだろうか。黒海沿岸のソチで開いた冬の五輪が終わるや否や、プーチン大統領率いるロシアはウクライナのクリミアを占領した。バラク・オバマ米大統領がロシアに発した「重大な懸念」は軽くいなされた。ソチとクリミアの距離はわずか500キロメートル、東京と大阪ぐらいしかない。オバマ大統領が6月にソチで開く8カ国首脳会議(ソチ・サミット)をボイコットすると息巻き、ロシアへの経済制裁に踏み切った。その気持ち、分からぬではない。同様に首をかしげたくなるのは、2月22~23日にシドニーで開いた20カ国(G20)財務相・中央銀行総裁会議である。麻生太郎財務相、黒田東彦日銀総裁も参加して決めた合意が、G20諸国が合わせて2018年までに、実質経済成長率を2%高める、というもの。成長の鈍化した世界経済に活を入れようという志はよしとし ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。