志位共産党の内実は「市田院政」

「自共対決」と鼻息が荒いが、党役員の若返りは進まず、東大閥に代わる「立命館のドン」が君臨。

2014年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

昨夏の参院選で15年ぶりの躍進を果たした日本共産党の第26回大会が1月15日~18日に、熱海市の党員研修施設「伊豆学習会館」で開かれた。機関紙「しんぶん赤旗」には「実力でも『自共対決』の政治情勢」「党勢倍加
・世代的継承」の見出しが躍り、大会最終日に注目の新三役人事が発表された。昨年末、「花道論」が囁かれた志位和夫委員長(59)は留任し、№3の市田忠義書記局長(71)が副委員長に横滑り、その後任には山下芳生参院議員(53)が選ばれた。不破哲三氏が議長に退き、志位委員長-市田書記局長体制が発足したのは2000年のことだから、実に13年ぶりの若返りである。さらに、党執行部は、次世代幹部の登竜門となる准中央委員に、参院選挙区で初当選した吉良佳子氏(31)、辰巳孝太郎氏(37)を抜擢し、世代交代をアピールした。しかし、党役員の新陳代謝が進んだわけではない。高齢の不破哲三・ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。