東京海上が未払いでも謝らない「屁理屈」

2014年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

読売新聞大阪社会部のスクープだった。損保各社の不払い問題が明るみに出た05年当時、東京海上日動火災が公表した自動車保険1万8千件以外にも未払いが最大12万件も残っていたという。実は東京海上内部から読売への内部告発で、経済産業省から金融庁へ出向している女性係長が記事を見て「問題だ」と言って騒ぎが大きくなった。2月7日、永野毅社長が緊急会見に臨んだが、「請求がありながら支払いしていないものを不払いとしていた。請求がないものは不払いではない」という奇妙な論理で謝罪せず。「できる限り支払う」とは言うものの、契約者記録は「契約満期日(契約更新日)などの半年後から9年間」の保存期間が過ぎると消去されることになっており、大部分が忘却の彼方で事実上のネコババを決め込んだのだ。浮かび上がったのは、三菱グループの“優等生”東京海上の二枚舌である。永野社長は9月1日に合 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。