「山吹色」医師らが製薬会社口封じ

2014年4月号 連載 [監査役 最後の一線 第36回]

  • はてなブックマークに追加

「担当者が呼び出されて、ネットで個別情報を開示したら、お前のところの薬は使わないぞ、と言わんばかりの恫喝を受けています」こう言って製薬会社の幹部はため息をついた。製薬会社は、業界団体である日本製薬工業協会のガイドラインに従って、医療機関や医師に支払っている研究開発費や原稿料、講演料などの公表を2012年度分から始めた。ところが、医師会などの猛反発に遭って、個別医師への「原稿執筆料」等の金額開示は1年先送りにされてきた。その開示が、3月末で終わる13年度分から始まるのだが、一部の医師から猛烈な横やりが入っているというのだ。製薬会社から医師への、原稿執筆料や講演料といった名目での金銭提供は常態化している。国内最大手の武田薬品工業が公表した12年度の「企業活動と医療機関等への資金提供に関する情報」によると、1年間に支払われた「原稿執筆料等」は13億7099万 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。