首都直下「被害想定」はマヤカシ

「今後100年は、首都圏でM8級の巨大地震は起こらない」という前提に愕然。大震災の教訓を忘れた日本人。

2014年4月号 LIFE [ケセラセラの防災観]

  • はてなブックマークに追加

東日本大震災から丸3年が過ぎた。あの大震災(正式名称は東北地方太平洋沖地震)以来、東日本では地震が頻発している。マグニチュード(M)9の大地震ゆえ、重度の後遺症が残る。徐々に余震は減っているが、最大震度4以上の大粒の地震がたびたび起こる。しかも、岩手県沖から茨城県沖の広い範囲で発生しており、今年1月には震度1以上の地震が80回を超えた。仔細に分析してみると、純粋な余震ばかりではなく、あの大地震に影響された誘発地震らしきものが、秋田、福島、栃木、茨城各県の内陸部で起きている。また、日本海溝外側では、津波を起こす恐れがあるアウターライズ地震の発生が最近も目立つ。火山活動も活発化している。1月下旬に十和田湖の湖底で群発地震が起きた。1日に800回の小地震が観測され、活発な時は1時間に100回を超える地震が起こり、現地では震度4程度の揺れがあった。震源は湖畔の乙 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。