長谷川三千子も「耐え難き」籾井会長

NHK経営委員会で四面楚歌。政権の面子を守ろうと、官邸が答弁をチェックするが、反省なしではもたない。

2014年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「NHK会長たる者、言葉が軽すぎるのでは?」初会見で従軍慰安婦問題の“失言”をして以来、その口の軽さとオモシロ顔が日本全土に知れわたった籾井勝人NHK会長について、経営委員会で女性委員が噛みついたという。何と安倍晋三首相お気に入りの“民族派”長谷川三千子委員(埼玉大学名誉教授)だというのだ。あちゃちゃ……籾井会長にとっては、背中から鉄砲を撃たれたようなものだろう。長谷川委員とて舊漢字舊仮名遣ひのアナクロぶりといい、朝日新聞で拳銃自殺した右翼の礼賛やら、受信料不払いやら、お騒がせ度はどっちもどっち。その彼女でも目に余ったとは皮肉と言うほかない。経営委内で籾井会長を擁護するのは、安倍首相と親しいのがウリの“御用”作家、百田尚樹と、JR九州会長の石原進の2人だけという四面楚歌。2人とも首相の後見人、葛西敬之JR東海会長(4月から名誉会長)と近いから当然といえば当 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。