中国が「ネット長城」通信障害で真っ赤な嘘

2014年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

1月21日、中国のインターネットに未曾有の通信障害が発生した。中国国内の端末からウェブサイトに接続しようとすると通信エラーになり、多数のサイトが閲覧不能になったのだ。通信障害は中国時間午後3時過ぎに始まり、2時間ほど続いた。その間、ネット空間は事実上のマヒ状態に陥った。検索大手の「百度(バイドウ)」や中国版ツイッターの「微博(ウエイボー)」などの人気サービスも利用できなくなり、影響を受けたユーザーは数億人にのぼるとみられる。翌22日、政府系ネットセキュリティー研究機関の国家互聯網応急センター(CNCERT)は、「国内のルートDNS(ドメインネームシステム)サーバーが何者かに攻撃されたのが原因」と発表した。DNSとは「facta.co.jp」のように文字列で表記されたホスト名を「202.210.142.113」のように数字で表記されるIPアドレスに変換するシステムのことだ。ネット上に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。