実録・ソニー「追い出し部屋」⑥「創業の神」を名乗る暴露ツイッター

「私が去り大賀さんがいなくなった今、ブラック企業になってしまった」――。創業者・盛田昭夫の名を借りたネット上の内部告発が、社内レジスタンスの象徴に。

2014年3月号 BUSINESS [短期連載⑥]

  • はてなブックマークに追加

その噂は「リストラ部屋」の面々を複雑な気持ちにさせた。苦々しく思ったり、「やっぱりか」と考えたり、どちらかといえば噂を聞いて気落ちする社員が多かったのである。「ソニーの法務や広報部門の社員たちが、『Morita Akio』を名乗る、あの人物を追い詰めている」というのだ。Morita Akioとは創業者・盛田昭夫の名と写真を借りて、ツイッター上で痛烈な経営陣批判を続けている正体不明の社員のことだ。ソニーの社内レジスタンスの象徴的存在なのである。アカウント名が「Morita Akio2」――。「第二の盛田昭夫」ということだろうか。2010年6月、にっこりと笑いかける盛田の遺影をプロフィール欄に掲載して、彼はツイッター上に登場した。ハワード・ストリンガーがソニーの会長兼CEO兼社長だったころだ。〈私が去り大賀さんがいなくなった今、ソニーはブラック企業になってしまった様だ〉

法務・広報部門は犯人捜しに躍起

Morita Akio ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。