西武「再上場」破談の前兆

東証に申請したが、「猛獣」サーベラスと価格のギャップが埋まらない。値が低ければ、またもTOB合戦か。

2014年3月号 COVER STORY ["策士"後藤の綱渡り]

  • はてなブックマークに追加

西武グループが開発した55ヘクタールにも及ぶ鎌倉霊園の一角に、一代で西武王国を築きあげた創業者、堤康次郎の墓がある。左右に二基の唐獅子の石像が立ち、長い石畳の奥に黒御影の墓碑。揮毫は故池田勇人(首相)だ。毎年元旦には、その墓前に西武グループ各社の幹部およそ500人が集まり手を合わせる。元旦墓参を提唱したのは、父の後を継いでグループ総帥となった三男義明だった。毎年、ほとんどそのためにつくったヘリポートに、彼は空からヘリで舞い降りた。いやしくも堤家の恩顧を受けた幹部で、この日に欠席することなど許されなかった。発熱を押して参列し、義明の訓示途中で倒れる人もいたという。ある意味、この壮大な墓は西武グループを象徴する場であった。義明は父康次郎の存在を借りて、自らのカリスマを不可侵とし、グループへの忠誠心を社員に植え付けようとしたのだ。グループ各社から ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。