宗教政党の虎の尾踏んだ橋下

「宗教の前に人の道がある!」。橋下の暴言に公明党市議団は憤激。創価学会は怖い。

2014年3月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

橋下徹大阪市長(日本維新の会共同代表)がピンチだ。起死回生の賭けに出た「出直し市長選」は野党にも市民にも相手にされず「空振り」。3月9日告示、23日投開票の市長選は「無投票当選」か「泡沫候補との対決」に終わる見通しだ。もがく橋下は公明党の虎の尾を踏んだ。「あれほど罵詈(めり)罵倒(ばとう)されたのは忘れない。石に刻む」。公明党大阪市議団の待場康生幹事長は怒りが収まらない。2月3日。橋下市長が会見し、大阪維新の会以外の各党の抵抗で「大阪都構想」が日程通り進まないことを理由に「市長を辞職し、出直し市長選に出馬する」と表明した。きっかけは、1月31日に開かれた松井一郎府知事、橋下市長と府議、市議の代表による法定協議会の席上、特別区の区割りを「4案から1案に絞り込む」という維新の提案を、自民、民主、共産のみならず公明までもが拒否したことだ。

公明党と行き過ぎた対立

来年4月の大 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。