全銀協「でんさいネット」初の不渡りにピリピリ

2014年3月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「でんさいネット」をご存知だろうか? 全国銀行協会が入念な準備の上、昨年2月から稼働させた電子記録債権法(2008年12月施行)に基づく新たな決済システムだ。紙の手形と異なり現物管理のリスクがなく、分割譲渡や割引資金化が容易な上、手形領収書発行や取立事務も不要など多くのメリットがある。このため発行額はうなぎのぼり。今年度中にも残高が1兆円の大台を超えるだろう。ところが、この「でんさい」で恐れていた「不渡り」が発生し、全銀協はピリピリモードだ。歴史に不名誉を刻んだ企業はオール電化住宅の販売を手がける株式会社エコ・ホーム(茨城県つくば市)。年末年始の12月20日と1月6日に資金不足で支払い不能となり「でんさい利用停止処分」を受け、事実上倒産した。手形と同じく6カ月以内に2度の支払い不能(不渡りに相当)になると、信用失墜企業としてペナルティーを受ける取り決め ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。