東大「パワハラ」泥仕合を教授陣隠蔽

「行政学の本尊」が泣く。特任助教と研究員、職員の反目を処理できず、城山センター長らは臭いものに蓋。

2014年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

FACTAは、朝日新聞と提携した「ハフィントンポスト」日本版や、与太記事だらけの「ビジネスジャーナル」の轍を踏まない。両メディアとも「東京大学パワハラ」事件を12月下旬に報じているが、片方からのリークだけで記事にして裏取りをしていないからだ。本誌の調査報道はそれと次元が違う。舞台は東大の政策ビジョン研究センター。昨年7月、外部から同センターに招聘されていた秋山昌範教授が、業務発注を装って東大と岡山大から計2200万円足らずを詐取した容疑で、東京地検特捜部に逮捕・起訴されたことは記憶に新しい。ほとんど踵を接するように、同センターの「市民後見プロジェクト」でパワハラと横領疑惑が持ち上がった。この研究実証プロジェクトは、認知症患者らが振り込め詐欺などの経済被害に遭わないよう、医療から住宅、金融、外食までサポートするボランティアの「市民後見」を定着させる試 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。