SBI新設諮問委の奇怪な顔ぶれ

元特捜部長の熊崎勝彦、落選議員「たまり場」の矢島義也…と何を怖がっているのか。

2014年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「人生の最後の、経営者として最後のステージに来て、バイオ事業というものは、天が私に与えてくれたプロダクトだと思っている」2月5日、SBIホールディングス(以下SBI)2014年3月期第3四半期(10~12月)の決算発表が行われた。例によって社長、北尾吉孝が自ら説明を行ったのだが、およそ1時間が経過したころから、その内容が自画自賛の独演会になっていった。ソフトバンク社長、孫正義から拠出された5千万円を資本金にSBIの前身、ソフトバンク・インベストメントが設立され、今年で15年目の節目を迎える。そうした思いからなのだろうか。北尾は55人で創設された会社が今や社員数5309人にまで成長したこと、孫から出してもらった資本金5千万円が817億円に増えたことなど、15年間の実績を指折り数えては自慢した。

見渡せば独りぼっち

臆面もない毎度の自画自賛などに驚きはしないが、会場の少なからぬ人々が、おやっ、と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。