プロの「アパ」まで騙した地面師

安倍のタニマチが「なりすまし犯」にやられたトホホの不動産詐欺を実名報道する。

2014年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「88歳地面師の『なりすまし』手口」と題する本誌前号の記事は、不動産業界で評判となった。他にも類似する案件があり、「ウチも引っ掛かる寸前だった。相当、組織的な犯罪だね」という声を少なからず聞いた。そのうちのひとつ、銀座1丁目の案件は、課税評価額で13億8千万円の土地が詐取される寸前だったと聞くし、都内だけでなく千葉、神奈川といった近郊の一等地でも被害が発生しているという。大がかりな事件師ブループが跋扈しているのは明白だ。実は、本誌はLED詐欺事件を連続して報道(12年3、4、5月号、14年1月号)してきたが、主犯として1月16日に逮捕された津田悦資(63)に逮捕前日、「地面師グループが暴れているのではないか」と電話で尋ねたことがある。12年前、津田は「地面師グループのリーダー」として逮捕された前歴があるからだ。

ロートル詐欺師の“復活”

津田は「今は正業(LED開発)一本でやっている」と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。