「異次元の法人税減税」攻防の火ぶた

ダボスで首相が「法人税率10%下げ」演説。「ない袖は振れぬ」と麻生財務相が反撃。

2014年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

安倍晋三首相が強い意欲を示す法人税率引き下げを巡り、反発する財務省や自民党税制調査会などとの攻防の火ぶたが切られた。世界同時株安でアベノミクスにも不安感が漂う中、首相は成長戦略の目玉として、是が非でも実現する構えである。だが、麻生太郎副総理兼財務相は財務省とがっちり連携し、同省幹部たちは政界、財界、マスコミなどへの「ご説明ローラー作戦」を展開している。首相が強行突破できるかどうか、険しい道のりが予想される。

野田税調会長も「阻止」

1月末、スイス・ダボスの世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)での首相の基調講演のインパクトは大きかった。「法人税の体系は、国際相場に照らして競争的なものにしなければならない。異次元の税制措置を断行します」――。猛練習の成果を発揮し、英語でスピーチしたその内容のキーワードは「異次元」(in a way completely different from before)だっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。