次の次の経団連会長は豊田章男社長

豊田章一郎が背中を押して誕生した「榊原経団連」。東京五輪開催年の財界総理は御曹司で決まり!

2014年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

経団連会長選びは、またも異例の展開となった。副会長からは次期会長は選ばれず、3年前に副会長を退いた東レ会長の榊原定征(70)が「財界総理」の椅子に座る。現会長の米倉弘昌(76)も評議員会(現審議員会)議長から選ばれ「苦肉の策」と揶揄された。財界の人材難は目を覆うばかりである。米倉が榊原に会長就任を打診したのは昨年12月20日。歴代会長の豊田章一郎(88)、今井敬(84)、奥田碩(81)、御手洗冨士夫(78)らは「いつ決まるのか」と、気を揉んでいた。米倉の意中の人は製造業出身の経団連副会長、川村隆(74、日立製作所会長)だった。日立を立て直した川村は人物識見とも申し分なく、永田町や霞が関の受けもいい。7月下旬に2人きりになり、米倉はやんわりと意向を探ったが、年齢を理由に断られた。「川村さんは断ったらしい」。そんな噂が漏れ始め、「いや、最後は受けるだろう」「日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。