電子書籍を本屋で売る「アホ実験」

ネットに対抗する出版流通界の浅知恵。経産省の委託事業だが、失敗必至の愚の骨頂。

2014年3月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

苦し紛れのヤケクソ戦略なのか、それとも日本出版界の総力を結集して力業で我田引水に持ち込もうとしているのか——「街の本屋で電子書籍を売る」などというトンデモ実証実験が計画されている。書店や取次業者など出版流通系の業界団体である日本出版インフラセンター(JPO)が「書店における電子書籍販売推進コンソーシアム」の設立を発表した。プレスリリースを読んで、その滑稽さに思わず鼻からコーヒーを噴いてしまった。それによると、経産省の委託事業としてJPOが立ち上げた出版社、取次会社、書店、印刷会社、有識者で構成する「フューチャー・ブックストア・フォーラム」(代表・肥田美代子出版文化産業振興財団理事長)が2011年から議論してまとめた、リアル書店活性化への提言を受けた結果だという。

拒否反応6割超えても

日本出版界の重鎮が雁首揃えてこのお粗末提言か! 頭がクラクラするのを禁じ得ないが、よ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。