平井ソニーが「エレキにさよなら!」

戦略担当役員のクビが跳び社内外に激震。不採算のエレキ事業に大ナタを振るう。

2014年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「ソニーは絶対に許さない」と経済産業省幹部は言う。リチウムイオン電池をノンコア事業と位置付けてきたソニーが、最近になって豹変、コア事業に据えたことで、経産省の目論見が崩れたからだ。「この1年間の努力が水の泡。なんだったんだということになりかねない」と、怒りは収まりそうにない。
この1年、経産省肝煎りの官民ファンド「産業革新機構」が、日産自動車とNECが共同出資で立ち上げたリチウムイオン電池生産会社「オートモーティブエナジーサプライ」と、ソニーの電池子会社「ソニーエナジー・デバイス」を結び付け、そこへ機構が出資する構想を密かに進めていた。
そもそもパソコンやスマホ、電気自動車に搭載されるリチウムイオン電池を、世界で初めて実用化したのはソニーである。以来、約20年にわたって日本勢がリードしてきたこの電池の主導権を、最近では韓国サムスンSDIに握られる始 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。