「発明家デビュー」茂木経産相の鼻息

現職経産相として初の特許取得の快挙。首相のお墨付きを得た茂木大臣が知財戦略に腕まくり。

2014年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本が2002年に「知的財産立国」を宣言してから13年目を迎えた。政府は「知財通」を自負する茂木敏充経済産業相が陣頭指揮を執り、知財戦略のテコ入れ策を検討中だ。アベノミクスの成長戦略に弾みを付ける成果が問われよう。「特許を取りました。茂木敏充として」――。経産相が昨年末、少し誇らしげに公表した特許取得が、政界や知財関係者の間で話題を集めている。特許庁を所管する現職の経産相が特許を取得するのは初めて。国内外を飛び回り、安倍晋三首相を支える超多忙な大臣の快挙に驚く声は少なくない。

89日で「超特急特許」取得

その特許とは、外国人が飲食店で料理を注文する際に、宗教上の理由や好みなどで食べられない食材を使用しないよう、店員を通さずに直接、厨房スタッフに伝えるコンピュータープログラムである。自分の国籍をタッチパネルなどで入力すると、料理の値段もその国の通貨で表示されるという。特許 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。