「安倍政権」終わりの始まり

意表を突いた「靖国参拝」で今年の日本は、すべての面で激動が避けられなくなった。このままでは日米関係も危ない ――。

2014年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

株価上昇に幻惑されてだれも言わないので、あえて言う。安倍政権は「終わりの始まり」である。年末の意表を突いた靖国神社参拝で2014年の日本は、すべての面で激動が避けられなくなった。激動招来の号砲を放ったのはほかならぬ安倍晋三首相である。日中、日韓関係がどん底にあるいまなら、靖国参拝もさほど外交に影響を与えることはあるまい、いましかないという読みだっただろうが、策士策に溺れた。まさか同盟国アメリカまで「失望」という日米間では耳慣れない言葉を用いて批判するとは思っていなかったのだろう。戦後日本の政治史を紐解くまでもなく、米国の逆鱗にふれて長持ちした政権はひとつもない。四面楚歌のわが国の国際関係での立ち位置が、必ず経済にも影響してくる。いかに愚鈍な国民でも、安倍政権のままでは、この国はほんとうに危ないと気がつくときが来るだろう。八木重吉という詩人が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。