鬼気迫るSBI副社長「病床執務」

入院せず、執務室にベッドを入れて部下に指示。証券監視委の動きに気が気でない。

2014年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

本誌前号の記事(「そして誰もいなくなる北尾SBI」)が出た直後から、複数の金融市場関係者から本誌へのアプローチがあった。その中の一人は、直接会って話をしたい、と申し出てきた。不思議だったのは、彼らの口から出てくる話の内容がすべて一緒だったということだ。先の記事内容に言及しながら口を揃えるように彼らは言った。「もう、そっとしておいてやってくれないか」 この記事では、SBIホールディングス(以下、SBI)社長北尾吉孝の側近ながら、精神的に追い詰められ、職務遂行ができなくなった前SBI証券社長の澤田安太郎、そして現在、出社もままならぬほど体調に変調をきたしているSBI副社長の井土太良について、つまり不幸にも次々と病などに倒れていくSBI幹部らの現状についてレポートした。

「白粉塗り」に憔悴して

冒頭に紹介した「そっとしておいてやってくれ」という言葉は、明らかに井土の体調を慮ってのこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。